◯2chの評判、府中インターネットはどう書かれている?

 

 

■府中インターネットの2chでの評価はどうなっている?

 

・ 速度制限のないプロバイダは本当?
・ 実際に利用した方の口コミや評判は?

 

 

インターネットプロバイダサービスを選ぶ条件になるのはなんでしょうか?
多くの人は通信速度やその安定性で選んでいると思います。

 

 

モバイル通信では安定性もかなり変わりますが、固定回線の場合もプロバイダによって
通信速度が変わる可能性は大きくあるのです。

 

 

それに最近ではネットゲームの利用をする人は速度制限に関する事もプロバイダを
選ぶ条件になります。

 

 

プロバイダによってはネットゲームで利用されているP2P方式の通信を規制している
という可能性も・・・

 

 

そこで色々と調べてみると速度制限などを行っていないプロバイダとして人気があるのが
府中インターネットというプロバイダでした。

 

 

こちらは特定サイトの規制やプロトコルの制限をプロバイダで行っていないために
快適にネットを楽しむことが出来ると評判になっています。

 

 

実際に利用している方の口コミなども知りたいので大手掲示板サイトでの評判も
確認してみましょう。

 

 

■2chでは府中インターネットの評判はどうなっている?

 

・ 通信速度に対する評価は地域によって変わる
・ 関西地方でも通信速度はばらつきがある

 

 

大手掲示板サイトの2chで実際に府中インターネットを利用している方の評判を
確認してみました。

 

 

まずは通信速度を確認してみると平均して40Mbps程度の速度は十分に出ている
という意見が多く見られます。

 

 

実際にスピードテストの結果を記入しているのを見ても混雑していない時には700Mbps
というかなりの高速通信が出来るという方もいました。

 

 

その一方で全く通信速度がでないという意見をみることも出来ました。

 

 

特に夜間の混雑時には通信速度がかなり遅くなるという報告がありました。
その時のスピードテストの結果も一緒に記入されていました。

 

 

それを見ると1Mbps程度の速度しか出ていないという結果です。
福岡県での結果でしたが他の地域でも似たような結果という意見もありました。

 

 

元々は広島県でサービス開始されて、現在では全国で展開をしているプロバイダです。
その為に関西地方ではかなり安定しているという意見もありました。

 

 

ただし現状では地域によってはかなり厳しい通信速度になる可能性もありそうです。

 

 

更に詳しく2chでの評判を確認してみます。

 

 

■サーバー増強のために速度が遅くなる?

 

・ サーバー増設工事中は通信速度が遅くなる
・ 告知なしにサーバー増設することが多い

 

 

色々と調べてみると普段は下り400Mbps程度の速度が出ることも多いのにいきなり
1Mbps程度になることがある、という書き込みを見つけることが出来ました。

 

 

府中インターネットは元々が広島県でサービスを行っていたプロバイダです。
それが他県対応になったのでサーバーの対応が追いついていないという意見も。

 

 

その為にサーバー増設をしているのですが、その工事中は多くの地域で通信速度が
かなり遅くなるそうです。

 

 

しかもその工事は告知なしに行われることが多いのでステルスサーバーといわれ
2chでもかなり話題になっていました。

 

 

それに全国に対応したのが2013年で、まだしっかりと回線のインフラ整備が
されていないという意見もあります。

 

 

元々サービスの提供をしていた広島県内では安定しているけど他の地域では
速度がそれほど出ないという意見も多く見られました。

 

 

プロバイダによる制限がないことでかなり注目されている府中インターネットですが
現状では通信速度でちょっと問題がある、という意見が多く見られました。

 

 

■現在は2chの書き込みはかなり少なく、評判は微妙

 

・ 他のプロバイダと違ってあまり書き込みがない
・ 現在の2chの評価はそれほど高くない

 

 

大手掲示板サイトの2chで確認をしてみると実は府中インターネットに対する書き込みは
それほど多くないことがわかりました。

 

 

他の大手プロバイダに比べると良い評判も悪い評判もどちらも数が少ないです。

 

 

他県に対応したのがまだ最近なので全体的に利用している人の数が少ない、というのもあり
評価的には不満を書き込むひとが多いのも事実です。

 

 

実際に通信速度に関する評判はかなり悪く、現状では2ch内でもおすすめはしない
という意見がかなり多く見られました。

 

 

確かにP2P方式の通信の制限をしていないなど特徴的なメリットも有るのですが
それよりも通信速度が安定していないという意見がとても目立つ結果になりました。

 

 

確かに通常では通信速度があり、プロバイダによる制限がないので快適にネット接続が
出来るようですが・・・

 

 

今の所あまり速度が安定していないプロバイダサービスという評判が
府中インターネットの2chでの評価となっていました。

 

◯プロバイダの規制情報で府中インターネットは規制なしとあるけど本当?

 

 

■府中インターネットはプロバイダとして制限を行っていない?

 

・ P2P方式の通信をしても速度制限がかからない?
・ 府中インターネットの特徴は?

 

 

固定回線でも速度制限がかけられることがあるのはご存知でしょうか?

 

 

一時期ファイル交換ソフトの利用がかなり問題になり、不法にやり取りされる
インターネット上のファイルを規制する動きが活発になっています。

 

 

そこでプロバイダではファイル交換ソフトの利用を制限させるために特定ソフトの
利用がわかった場合に通信速度制限をかけるようになりました。

 

 

またファイル交換ソフトではP2P方式の通信を行っていることからこのP2Pでの
通信をプロバイダで規制する所も出てきています。

 

 

でもP2P方式の通信はファイル交換ソフトだけで利用されているわけではなく
最近でもネットゲームで利用されるなど規制されると問題がある可能性も。

 

 

その為にユーザーではP2P方式の通信をしても速度制限をされないプロバイダに
注目が集まるようになりました。

 

 

最近特に注目されているのが府中インターネットというプロバイダです。

 

 

府中インターネットは本当に制限を行っていないのか、詳しく調べてみました。

 

 

■現在発表されている規制情報は?

 

・ 府中インターネットでは規制をしていないと発表
・ 特定サイトやプロトコルの指定、転送量に対する速度制限がない

 

 

実際に府中インターネットの公式サイトを確認してみると確かにすべての規制が
行われていないとアナウンスされています。

 

 

案内文を詳しく見てみると「特定サイトやプロトコルに対する制限、一定期間内の
通信総量に対する制限はございません」とありました。

 

 

つまり直接パソコンなどの端末同士をつなぐP2P方式の通信やデータ通信量の多い
動画サイトなどの利用でも速度制限をすることがないと書いてあります。

 

 

更に多くのプロバイダでファイル交換ソフトの利用防止のために設けている
1日30GB以上のアップロードで速度制限という規制もありません。

 

 

公式サイトの説明では現在他の多くのプロバイダで行われている速度制限が
府中インターネットでは行われていないと発表していました。

 

 

確かに府中インターネットでは速度制限はなさそうです。
でも実際に利用している方の意見はどうなのでしょうか?

 

 

府中インターネットの口コミなども確認してみます。

 

 

■本当に府中インターネットでは速度制限がない?

 

・ 通信速度は通常ならかなりの高速通信が可能
・ 地域や時期によっては速度が出ない可能性も

 

 

速度制限のないプロバイダという理由で実際に府中インターネットを利用している
ユーザーの意見も探してみました。

 

 

実際に利用している方の口コミを見てみると確かに通信速度が速く、大量の通信を
行っていても速度の低下が見られないそうです。

 

 

通信速度は地域によって変わりますが、関西地方のユーザーでは下り400Mbps以上の
速度が出たという方もいました。

 

 

その一方で平日昼間の混雑していない時間帯でも下り1Mbps程度のかなりの低速でしか
ネットが出来ないという意見もありました。

 

 

地域によっては府中インターネット以外の回線を利用している場合もあり、そちらでは
通信障害等で速度が遅くなっている場合もあるそうです。

 

 

現在は全国対応のプロバイダですが、対応したのが2015年からなのでまだまだ
回線の整備状況はあまり良くないという印象もあります。

 

 

■大手プロバイダの規制情報を考えるとかなり使いやすいプロバイダ

 

・ ネットゲームを良くする方にはおすすめ
・ サーバー増設などのタイミングには注意

 

 

他のプロバイダの規制情報を見てみると確かに府中インターネットはかなり使いやすい
プロバイダだと思います。

 

 

大手プロバイダではP2Pの利用を制限するだけではなく1日30GB以上のアップロードを
した場合にも速度制限がかけられます。

 

 

またファイル交換ソフトなどの特定ソフトの利用がわかった場合にも速度制限をする
という発表をしている所も多くあります。

 

 

ファイル交換ソフトの利用については府中インターネットでも発表がされていて
著作権法違反のファイルをやり取りした場合は情報公開をすると発表しています。

 

 

でもP2P方式の通信を制限していないのでSkypeや対戦型ネットゲームをよく利用する
という方にはおすすめできるプロバイダです。

 

 

ただし府中インターネットでは通信の安定性を高めるためにサーバー増設を行います。
そのタイミングでは通信速度がかなり落ちる場合もあります。

 

 

それと基本的には広島県を中心に展開していたプロバイダなので他の地域では
通信速度があまり高くならない可能性もあります。

 

 

口コミサイトなどの情報を確認してから契約をするようにしましょう。

 

◯全ての制限なしというサービス提供を府中インターネットが実現できる理由とは?

 

 

■府中インターネットは何故速度制限無しというサービスの提供が出来る?

 

・ 制限無しで利用できるプロバイダはかなり少ない
・ 府中インターネットが出来る理由は?

 

 

速度制限と聞くとモバイル通信を思い出す方も多いと思いますが、実は固定回線でも
速度制限がされることがあります。

 

 

多くのプロバイダでは特定ユーザーが回線の利用を独占することを避けるために
一定期間に大量の通信をするユーザーに対して速度制限をします。

 

 

モバイル通信の場合はダウンロード量ですが固定回線の場合はアップロード量を
測定して速度制限がかけられます。

 

 

これは一時期問題になったファイル交換ソフトを使った時の特徴、アップロード量が
かなり大きくなることで行われています。

 

 

またファイル交換ソフトではP2P方式の通信が行われていることからプロバイダでは
P2P方式の通信を規制しているところもあります。

 

 

この様に固定回線の場合でも速度制限があるのですが、これが全く無いプロバイダも
あります。

 

 

それが府中インターネットと言うプロバイダです。

 

 

他のプロバイダが行っている速度制限を府中インターネットはどうして行わずに
サービス提供ができるのでしょうか?

 

 

速度制限について詳しく調べてみます。

 

 

■大手プロバイダで行われている速度制限の条件とは?

 

・ 速度制限される詳しい条件とは?
・ 速度制限される理由は?

 

 

まずは大手プロバイダで行われている速度制限の条件を確認してみます。

 

 

多くのプロバイダではやはりファイル交換ソフトの利用を制限するために
アップロード量を決めて規定値以上の利用で速度制限をしています。

 

 

大手プロバイダでは1日30GB以上というのが一般的で小さな規模のプロバイダは
1日15GB以上と更に厳しくなります。

 

 

それにプロバイダによってはプロトコル通信の規制、つまりP2P方式の通信自体を
制限している場合もありました。

 

 

また動画サイトなどの大量通信をするサイトへの接続を制限しているという場合もあり
色々な制限がかかっていることがわかりました。

 

 

ではこれらの制限は何故行われているのでしょうか?

 

 

その理由としては回線状況の安定性を求めるための場合がほとんどです。
特定のユーザーが大量の通信をすると他のユーザーの通信速度が上がらないのです。

 

 

大手のプロバイダではユーザー数に合わせて回線をスムーズに利用できるように
整備していますが大量の通信はやはり他のユーザーの速度を圧迫します。

 

 

その為に大量にデータのやり取りをしているユーザーに対して速度制限をかける
という措置をとっているようです。

 

 

■府中インターネットが無制限でサービス提供できる理由は?

 

・ 利用しているユーザー数がまだ少ないためと推測
・ 現在インフラ整備されているがユーザーが多くなるとわからない

 

 

そこで府中インターネットが現在全ての制限無しでインターネット接続サービスを
提供できている理由を考えてみます。

 

 

元々は広島県で行われていたサービスが現在では全国展開をしているのが
府中インターネットのサービスです。

 

 

その為にまだ利用しているユーザー数が少ないので制限をしなくても安定して
サービスの提供ができている事が考えられます。

 

 

インフラの整備も進められていてサーバーの増設なども行われています。
現状では規制をしなくても安定したサービス提供ができていると思われます。

 

 

でも今後も同じようにサービス提供が出来る、という補償はありません。

 

 

実際に一部の地域ではサーバー増設の時には一定期間、通信速度がかなり落ちていた
という口コミをみることも出来ました。

 

 

これからユーザーが増えてくると更に厳しい状況になる可能性もあると思います。

 

 

■府中インターネットの特徴を考えて契約をする

 

・ 2年縛りなどがないので長期契約をせずに状況を確認する
・ 通信障害等の情報も確認

 

 

現状ではかなり快適に利用できる府中インターネットですが、どのようにして
契約をしていくのが良いのでしょうか?

 

 

府中インターネットには2年縛りがありません。
通常はいつ解約しても違約金がかからないので遅いと感じた時に乗り換えが簡単です。

 

 

支払い方法には1年間の利用料をまとめて支払う方法もありますが、こちらで支払いを
した場合には解約しても返金がありません。

 

 

1年契約で割引されるのは1ヶ月分程度の利用料と同額なので普通の契約をして
好きなときに解約できる方がおすすめです。

 

 

回線状況が悪くなったと感じた時にすぐに他のプロバイダに乗り換えができるのは
やはり大きな魅力になります。

 

 

府中インターネットの他にも制限無しで利用できるプロバイダはあるので
状況を見て乗り換えをすると快適にネット接続を続けることが出来ると思います。

 

 

ただし回線速度が遅くなった場合、単純に通信障害が起きているだけということも。
プロバイダの情報には注目しておきましょう。

 

◯府中インターネットは規制なし、その他のプロバイダの規制情報は?

 

 

■プロバイダがかける速度規制とは?

 

・ 通信回線を使い過ぎると通信速度が遅くなる?
・ 速度制限のないプロバイダとは?

 

 

一時期問題となったファイル交換ソフトはインターネット回線を圧迫して多くの
ユーザーが快適に利用できない状態にしてしまいます。

 

 

著作権の問題もありますが、実際にファイル交換ソフトを利用することで多くの
ユーザーが迷惑する形になります。

 

 

そこでプロバイダではファイル交換ソフトの利用を制限するために通信総量によって
速度制限をかけるなどの措置をとっています。

 

 

ただファイル交換ソフトに利用されている技術は他のところでも利用されています。
特に対戦型のネットゲームでは同じ技術を使っているためにちょっと問題になります。

 

 

そのために今ではネットゲームをする人は速度制限のないプロバイダを探して
契約をするようになっています。

 

 

いま注目されているのが府中インターネットというプロバイダです。
こちらでは一切の速度制限をかけずにサービスの提供を行っています。

 

 

でも他のプロバイダで行われている速度制限とはどのような条件でかかるのでしょうか?

 

 

プロバイダの規制情報を確認してみました。

 

 

■規制条件の厳しいプロバイダとは?

 

・ アップロード量の上限が低い
・ P2Pの全面禁止、ファイル交換ソフト利用の場合は情報公開も

 

 

実際にプロバイダが行っている規制情報、特に規制される条件を確認してみます。
とても厳しい制限をしているところをまずは調べてみました。

 

 

大手のプロバイダBIGLOBEでは1日のアップロード量が30GBを超えると
通信速度の制限をかけると発表しています。

 

 

またファイル交換ソフトの利用についてもかなり厳しい規制をかけると発表しています。

 

 

1日のアップロード量に関してはhi-hoやIIJ4Uなどのプロバイダでも規制があります。
こちらは1日15GB以上の利用で速度制限がかかります。

 

 

@niftyではWinny利用者に対する罰則なども厳しく、関係機関からの要請があれば
情報公開もすると発表しています。

 

 

基本的にはファイル交換ソフトの利用に関する規制が多いのですが、P2P方式の
通信に関する規制をかけているプロバイダもありました。

 

 

また厳しい規制措置をとると発表しているところは本当に速度制限をかけるなどの
措置をしていることもわかりました。

 

 

ではこれよりも比較的緩い規制をかけているプロバイダの情報も確認してみます。

 

 

■地方電力系の回線やケーブルテレビのプロバイダの規制情報は?

 

・ 大手プロバイダほどの規制をしているところは少ない
・ 規制情報を公開していない所も

 

 

調べてみると地方電力系のプロバイダやケーブルテレビなどの場合はそれほど厳しい
規制を行っていないことがわかりました。

 

 

@TCOMというauひかりのサービスをしているプロバイダではやはり1日30GBの
アップロードで速度制限をかけることがあると発表しています。

 

 

ただしこちらは東海地方を中心にサービス展開をしているのでユーザー数はそれほど
多くなく、快適にネットが出来ると評判です。

 

 

関西電力が回線を含めて提供しているプロバイダサービスのeoでも速度制限が
ありますがこちらでは月のアップロード量で制限がかかります。

 

 

1Gコースなら月5TBのアップロードをすると速度制限がかかります。
1日計算なら160GBくらいの計算になります。

 

 

それにYahoo! BBでは速度制限の条件を発表していません。
ただ速度制限のように遅くなった、という報告は見たことがあります。

 

 

この様に地域限定のサービスの場合はそれほど厳しい速度制限をかけていない
というプロバイダも多くみることが出来ました。

 

 

では最後に速度制限のない府中インターネットの場合を確認してみます。

 

 

■府中インターネットでは本当に速度制限をかけていない?

 

・ 通信量制限やP2P方式の通信でも速度制限がかからない
・ 複数年契約の縛りもないのでいつでも解約ができる

 

 

府中インターネットの公式サイトを見ると全ての制限がないプロバイダとして
宣伝をしていました。

 

 

調べてみても通信速度制限、アップロード量による速度制限がありません。
P2P方式の通信に関してもプロトコルの制限がないので大丈夫です。

 

 

現在多くのプロバイダで行っている制限を府中インターネットでは
全く行っていませんでした。

 

 

しかも府中インターネットでは複数年契約の縛りがありません。
いわゆる2年縛りがないのでいつでも解約をすることができます。

 

 

プロバイダサービスのみの提供というシンプルなサービスで料金体系もわかりやすく
速度制限に関してもすべての規制がないという特徴を持っているプロバイダです。

 

 

ネットゲームなどを利用している方にはおすすめできるプロバイダだと思います。

 

◯わかりやすい料金体系?府中インターネットの利用料金は?

 

 

■話題の府中インターネットの利用料金はいくら?

 

・ 話題のプロバイダを利用するための料金は?
・ 府中インターネットの料金体系の特徴は?

 

 

インターネットプロバイダは色々なサービスの提供があります。
それぞれのプロバイダの特徴となるサービスも多く提供されています。

 

 

中でも今とても注目されているのが速度制限のないプロバイダです。

 

 

ファイル交換ソフトの利用が問題になる中、固定回線のプロバイダでも通信量に
対する速度制限をかけることが多くなりました。

 

 

その為に速度制限がかからないプロバイダに注目が集まっているようです。

 

 

そんな注目のプロバイダの1つが府中インターネットです。
速度制限が全く無いプロバイダとして口コミなどでも人気となっているようです。

 

 

この府中インターネットを利用するためにはどれ位の料金が必要でしょうか?
府中インターネットの料金体系を詳しく確認してみます。

 

 

■ADSLと光回線のどちらも利用することができる

 

・ プロバイダ料金のみ、回線利用料はNTTに支払う
・ オプション利用をする場合はオプション料金が必要

 

 

府中インターネットの料金表を確認してみるとかなり簡単な料金体系となっています。
利用する回線によってプロバイダ料金が変わります。

 

 

ADSL回線を利用した場合は1,404円、これに初期費用の2,700円がかかります。
光回線の場合は1,814円、同じように初期費用2,700円が必要となります。

 

 

基本的にはこれだけです、プロバイダ料金のみの取り扱いとなっています。
当然ネットを利用するためには回線利用料が必要ですがそれはNTTへの支払いです。

 

 

後はオプションとして追加メールアドレスとウィルススキャンソフトの利用があります。

 

 

追加アドレスは月額308円、スキャンソフトは432円でともに初期費用がかかりません。
府中インターネットに支払いをするのはこれらの料金だけとなります。

 

 

プロバイダ料金としては大手プロバイダとそれほど変わらず、格安プロバイダに比べると
多少高いという印象です。

 

 

ただし府中インターネットの場合は契約すると無料でメアドが1つもらえます。
それで足りる場合には追加のメアドを利用する必要はありません。

 

 

スキャンソフトはウィルスバスターマルチデバイス版のりようとなります。
こちらも別にソフトを持っている場合は利用する必要はありません。

 

 

料金体系としてはかなり簡単なものでしたが、割引などはどうなっているのでしょうか?

 

 

■府中インターネットの利用料金割引や解約違約金は?

 

・ 1年間のまとめ払いが可能
・ 2年縛りがないので解約違約金がない

 

 

府中インターネットでは開戦と同時に契約するとキャッシュバックなどのキャンペーンを
展開していません。

 

 

割引になるのは1年間の利用料金をまとめて支払う場合のみです。

 

 

1年間の料金をまとめ払いするとADSLでは15,120円になり、毎月支払うよりも
1,728円お得になります。

 

 

光回線の場合は年間19,440円となり、2,328円お得になります。
ただし解約した場合にはその料金は返金されません。

 

 

他のプロバイダが行っている2年縛りなどの契約がなく、割引もされませんが
まとめ払いなら多少安くすることができます。

 

 

でも1年間使わずに解約した場合でも利用していない日数分の返金などがないので
1年契約をする場合は注意が必要になります。

 

 

年間支払をした場合でも解約違約金がないのですが、支払った料金の返金がない
というのがある意味違約金のようです。

 

 

■料金自体は安いので使いやすいプロバイダ

 

・ キャンペーン特典はないが解約違約金もない
・ 料金自体は安い方なので乗り換えなどは気軽にできる

 

 

料金を調べてみると最近のインターネットプロバイダとしてはキャンペーンなどの
お得感が少ないプロバイダという感じです。

 

 

回線とのセット加入の割引などもなく、事前にNTTで回線加入をしてから申し込みを
する必要があるプロバイダです。

 

 

ただ月額料金は普通でいろいろな制限がないことを考えるとかなり使いやすいです。

 

 

しかも2年縛りがなく毎月の支払にしていればいつでもプロバイダの乗り換えが出来る
というのも大きな魅力です。

 

 

格安のプロバイダに比べると確かに料金は高く感じますが、一般的にはそれほど高いと
感じる料金ではありません。

 

 

キャンペーンの利用などを考えずに通信速度や使いやすさでプロバイダを選びたい
という方にはおすすめできるのが府中インターネットです。

 

 

ただし1年契約をする場合は日割り計算での返金などがありませんので、先の予定まで
きちんと把握してから契約することがおすすめです。

 

 

それと回線設置などの割引もないので現在回線を設置していない場合は初期コストが
大きく掛かる可能性があるのも注意が必要です。

 

◯プロバイダのみの申込方法とは?府中インターネットへの加入方法

 

 

■人気の府中インターネットへの申込方法は?

 

・ 府中インターネットは回線同時申し込みも出来る?
・ 申し込みの方法とは?

 

 

プロバイダを選ぶ時にはどんなことに注目をして選んでいますか?
最近では固定回線でも速度制限があるのでここに注目している人も多くいます。

 

 

多くのユーザーがストレス無く利用できるようにプロバイダでは一定の速度制限を
かけている場合も多くあります。

 

 

また特定のソフトの利用ができないようにプロトコルの制限をかけるという場合も。
それらの制限が全く無いプロバイダに注目が集まっています。

 

 

そんなプロバイダの1つが府中インターネットです。
全ての速度制限がなく利用できるプロバイダとして人気があります。

 

 

その人気の府中インターネットに申し込みをするためにはどのような方法を
取れば良いのでしょうか?

 

 

府中インターネットへの申込方法や注意事項などを確認してみます。

 

 

■公式サイトから申し込みをする場合

 

・ 基本的にはネット上で手続きが終了
・ プロバイダ契約だけなので事前に回線契約をしておく

 

 

府中インターネットへの申し込みには公式サイトの専用フォームからになります。
必要事項を記入して送信するだけで申込手続きは完了します。

 

 

契約内容によっては必要書類があるので、申し込みをした時の住所に書類が届き
それを返送することで手続きが終了します。

 

 

大体全部の工程が終了してネット接続ができるようになるまでは3から5日くらいが
必要になります。

 

 

書類が必要になるのは口座振替を選んだ場合と年間契約をした場合です。
この時にはそれぞれの書類に応じた処理をする必要があります。

 

 

年間支払の場合は指定の金融機関に言って支払い手続きをすることになります。
口座振替の場合は書類の返送が必要です。

 

 

ただしこれらの手続きはプロバイダ契約のみなので回線契約は事前にNTTに
申し込みをしておく必要があります。

 

 

回線工事には長い場合だと1ヶ月近くの期間が必要になります。
プロバイダ契約をしても利用する回線工事が終了しないとネット接続が出来ません。

 

 

府中インターネットの申込をする前に回線工事を終わらせておくことをおすすめします。

 

 

■申し込みをするときの注意点とは?

 

・ 口座振替の対応銀行が少ないので注意
・ わからない場合は電話でのサポートもあり

 

 

基本的にはネット上からの申し込みでクレジットカード利用の支払いを選べば
問題なく契約ができると思います。

 

 

でも口座振替を選んだ場合には利用する銀行の確認をしっかりとしましょう。

 

 

府中インターネットは元々広島県でサービスが開始されています。
その為に全国対応になった現在でも口座振替に対応している銀行が少ないのです。

 

 

口座振替が出来るのは広島銀行、中国銀行、もみじ銀行と広島県内のJAのみです。
大手都市銀行やゆうちょ銀行等も対応していません。

 

 

それと専用振込用紙という選択肢がありますがこれは年間契約をする場合に
使う書類となります。

 

 

毎月の支払には利用できないので注意しましょう。

 

 

申し込みに関しては基本的にネット上からの手続きとなります。
でもわからないことがあれば電話でサポートしてもらうことができます。

 

 

ISPサポートセンターの電話番号も公式サイトにあるので申込方法に不安がある
という方は電話での対応も考えてみましょう。

 

 

■新規契約のキャンペーン等がないので乗り換えのほうがおすすめ

 

・ プロバイダのみの契約なので回線契約の割引などがない
・ 乗り換えの場合は回線の解約をしないように注意

 

 

府中インターネットは月額料金もそれなりに安く使いやすいプロバイダです。
でも大手プロバイダのようにキャンペーン展開をしていません。

 

 

申し込みの時にキャッシュバックのような特典もなく、回線同時申し込みを
受け付けていません。

 

 

その為に事前に回線を設置してから申し込みをしないと契約してからすぐに
ネット接続をすることが出来ません。

 

 

当然他のプロバイダで行っているような回線同時申し込みでの割引などもなく
回線設置の工事費などの割引も利用することができません。

 

 

そのために新規申し込みではなく他のプロバイダから乗り換えで契約するほうが
おすすめできるプロバイダだと思います。

 

 

現在他のプロバイダを使っているユーザーならすでに回線設置はありますので
その回線契約をそのまま使って府中インターネットとの契約をします。

 

 

そうすればプロバイダ契約が終わればすぐにまたネットに接続ができるので
早く利用することができます。

 

 

ただし広島県以外の方の場合はほとんどの方がクレジットカード必須となります。
カードの用意なども事前にしておくことをおすすめします。